高校生に朗報!クレジットカードを持っていなくてもゲームアプリに課金する方法

ゲームアプリの課金にはクレジットカードが主流

スマホやタブレットでゲームアプリを利用しているという高校生も多いでしょう。
多くのスマホゲームには協力バトルやPvPと言われる対人戦が搭載されており、単なるゲームではなく、友達同士で気軽に遊べるコミュニケーションツールの1つとして機能しています。学校で流行のゲームを遊ぶとき、自分のキャラクターを可愛くコーディネイトしたり、友達より強くなって目立ちたいと誰でも一度は考えるでしょう。
高校生・大学生向けのクレジットカードの全てを解説したWebサイト:学生クレジットカード公式サイト しかし、魅力的なゲーム内アイテムの購入や、ガチャを回すためには課金が必要となります。現在、ゲームアプリの課金はクレジットカード払いが主流となっており、ゲームの中にはプリペイドカードで課金できたり、クレジットカード以外で決済できる場合もあるが、まだまだ少ないのが現状です。
それでは、高校生が労力なくスマホゲームに課金するにはどうすればよいのでしょうか?その答えが、デビットカードです。

デビットカードで問題解決!

お金の決済をするカードを作るという事は、審査が必要なのでは、と思われがちですが、デビットカードは、クレジットカードと違い後払い方式ではなく、使ったらその場で引き落としの決済が行われるリアルタイム方式なので、基本的に審査なしで作ることが出来ます。しかも、利用用途はクレジットカートと同じく、とても幅広く使うことができ、ゲームアプリの課金はもちろん、ネットショッピングやコンビニなどのちょっとした買い物など様々な生活の場面で活躍してくれます。
デビットカードは特別な審査もなく、銀行口座を持っている人であれば、誰でも簡単に作る事が出来ます。お気に入りのゲームでここぞという時に課金することができないと、課金アイテムを購入しなければクリアが難しいゲームイベントや、自分の好きなキャラがガチャにラインナップされた時に無料ガチャでは手に入らなかったりして悔しい思いをすることもあるでしょう。でも、デビットカードがあればこれらの悩みはすべて解決するはずです。