高校生が海外留学のために作れるクレジットカード

高校生でも持つことが出来るクレジットカード

国際化が進んだ現代において、高校生が海外へ留学するというケースは珍しいことではありません。子供の留学が決まったり時、留学先で日々の生活費はどうしよう?と悩んでいる保護者の方もいると思います。
クレジットカードは、原則として高校生を除く18才以上の人でないと作る事はできませんが、「家族カード」であれば作ることが可能な場合があります。

高校生が作れる家族カードの制限事項

高校生が作る事の出来る家族カードは、一般的な家族カードと違い様々な制限がつきます。まず、対象となるのは15才から18才の高校生で、中学生以下は作ることが出来ません。また、利用目的が海外留学やホームステイなど、「留学先でクレジットカードを使いたい」場合にのみ申し込むことが出来ます。そのため、日本国内で使う目的では、家族カードを作る事は一切できません。

海外留学でも活躍するのはデビットカード

留学時に家族カードを作る方法以外に、デビットカードを持たせるという選択肢もあります。デビットカードであれば、15才以上であれば作ることが出来るものがたくさんあります。デビットカードは、使ったらその場で設定している銀行口座から引き落としがかかるリアルタイム決済であるという性質上、スピーディーに発行することが出来ます。
また、クレジットカードと同じ感覚で使用することが出来るので、留学先でストレスなく使うことが出来ます。さらに、デビットカードは、銀行口座の残高分しか使うことが出来ないので、「使いすぎ」に気を使う事もありません。発行理由が「海外留学のため」であったとしても、家族カードと違い日本国内で使う事ももちろん出来るので、帰国後も同じカードを使い続けることが出来ます。
しかし、注意点としては、銀行口座に残高が入っていないと使う事ができず、一部の店舗ではデビットカードが使用不可能である場合もあります。

クレジットカードの家族カードとデビットカードにはそれぞれ一長一短があります。それぞれのライフスタイルに合うカードを選び、素晴らしい留学生活を送りましょう。