高校生にデビットカードをお勧めする3つの理由

高校生になると生活の行動範囲が格段に広がり、一人で買い物をすることも多くなります。楽しい高校生活を送るために活躍してくれる隠れたアイテムがデビットカードです。ここでは、デビットカードを持つことによりどう生活が変化するのかを解説していきます。

決済方法が増える

中学生までは両親と一緒に買い物に出かけ、気になる物を買ってもらうというのが主流で、自分のお小遣いを使い、一人で買い物をほとんどしたことがないという方も多いことでしょう。しかし、高校生になり情報量や行動範囲がアップすると流行のファッションや雑貨、趣味のアイテムなど、色々欲しいものが出てきます。
デビットカードを持つことにより、ネットで気になる物を両親を通さずその場で決済することが出来るようになります。

小遣いの範囲内で運用できる

デビットカードは、クレジットカードと違い銀行口座の残高分しか使う事が出来ません。これにより、つい無駄遣いをしてしまったり、ゲームアプリに過剰に課金してしまう事を事前に防ぐことが可能です。

ちょっとかっこよく見える

コンビニのレジなどでカードを出し、さっと支払いを済ませると、なんだか大人になったような雰囲気に浸ることができ、友達の前でこのカード決済をやると何となく優越感を感じる事が出来ます。高校生になると、男女の付き合いも多くなりますが、彼女や気になっている女の子の前でクールな大人っぽさを出す事によりちょっとかっこいい自分を演出できたりもします。

まとめ

デビットカードを持つことにより、ネット決済をスムーズに行う事が出来、使える範囲も銀行口座の残高のみなので使いすぎる心配もありません。さらにちょっと大人っぽさを醸し出すこともできるので、高校生活にもう1つ花を添えてくれるでしょう。
クレジットカードと違い、デビットカードであれば高校生であっても容易に作ることが出来るので、高校デビューと同時にデビットカードデビューしてみませんか?