お小遣いも電子化の時代!高校生のお小遣いの受け渡しはKyashで決まり

インターネットの発達により、お小遣いまで電子化の波が押し寄せています。
一昔前までは、高校生が保護者の方からもらうお小遣いと言えば現金で手渡しが当たり前でした。しかし、フリマアプリやネットショッピングが買い物の主流となった現代において、手渡しでお小遣いをやり取りするのはもう時代遅れです。
今回はオンライン決済アプリKyashについて概要を説明します。

子供からニーズの高い電子決済に対応できる

電子決済手段のない高校生がネットで買い物をする場合、保護者に頼んで購入してもらうかコンビニ支払や代金引換など、手数料が高い上に面倒な支払い方法しか使う事が出来ません。そこで、Kyashの出番です。
Kyashはクレジットカードアプリなので、主要なショッピングサイトやフリマアプリのオンライン決済に使える事はもちろん、Google Payにも対応しているので有料アプリの購入やソーシャルゲームの課金にも使う事ができます。

個人間送金でお小遣いの受け渡しが簡単

あなたは、小遣い日に、保護者の方にお小遣いをもらおうとした時に「現金を引き出すのを忘れたのでちょっと待ってほしい」と言われた事はありませんか?自分で使えるお金の少ない高校生にとってお小遣いを貰うのが遅れたら大問題。友達との遊ぶ予定などが狂いかねません。
実は、親目線で見ても決まった日に現金でお小遣いを渡すというのは多少面倒なのです。大人になると支払いはカードのみで現金はほとんど持たないというスタイルに変化することが多く、お小遣いのために現金を引き出すのを忘れてしまうという事も多々あります。Kyashにはクレジットカードやデビットカードからオンラインでチャージする機能がついているのでお小遣いの渡し忘れがなくなります。

Kyashは、子ども側から見れば、ネットショッピングなどで使う電子決済機能を手に入れることができ、保護者側から見てもオンライン送金機能で簡単にお小遣いを渡すことが出来る非常に便利なツールです。