Kyashの使い方!設定方法からチャージまでをわかりやすく解説

Kyashとは、オンライン決済アプリで、お小遣いを電子化することができます。保護者は面倒な現金でのお小遣いの手渡しの手間を省くことができ、子ども側から見れば貴重な電子決済手段を手に入れることが出来る、まさに次世代のお小遣いシステムです。
今回はKyashの設定方法からチャージのやり方までを説明します。

ダウンロードから設定まで

Kyashを新規で登録する方法はとてもシンプルで、たったの2工程で終わってしまいます。

1、アプリの導入

公式サイトからアプリをダウンロードします。ネットから「Kyash」と検索し、公式サイトの今すぐ申し込むを押すだけなのでとても簡単です。

2、個人情報を登録

具体的にはメールアドレスと電話番号を登録します。その後、Kyash Visa カードが発行さます。
やる事は上記2工程だけで、面倒な本人確認や与信による審査などは一切なくスピーディーに作ることができます。

チャージ方法について

今現在、Kyashにお金をチャージする方法は4つあります。

  1. クレジットカードを登録し、そのカードからチャージする
  2. コンビニでのチャージ
  3. 銀行ATM、ネットバンキングを使いチャージ
  4. セブン銀行ATMからのチャージ

クレジットカードやネットバンキングを登録しておけば外出することなくチャージすることができ、保護者の方はお小遣いを電子化することができ、お子様としては未成年者には貴重な電子決済機能を手に入れることが出来ます。
電子決済と聞くと、保護者の方は「危ない」とか「セキュリティが心配」という声もまだまだ多く聞かれるでしょうが、Kyashは独自の不正使用検知システムを導入しており、カードに異常がないか24時間体制でモニタリングを実施しており、盗難や偽造などの対策も万全に行っています。
これからの支払いは電子決済の時代です。高校生のうちから電子決済に慣れ親しむことで、大人になって急に電子決済を使い出し戸惑うという事もなくなります。