高校生にお勧め!プリペイドカードなら誰にも知られずにカードを持てる

あなたはプリペイドカードをご存じですか?
有名なGoogle PlayギフトカードやAmazonギフトカードなどがあり、誰でもコンビニでずらりと並んだプリペイドカードを一度は見たことがあるでしょう。ギフトカードは使いきりタイプだが、中にはVISAなどの国際ブランドがついており、チャージすることにより繰り返し使えるタイプのカードも存在します。
今回はプリペイドカードを持つ事のメリットについて説明します。

プリペイドカード最大のメリット!高校生でも自分一人で買える

高校生がバンドルカードやデビットカードを作る場合、保護者の同意が必要になりますが、プリペイドカードは完全前払い制なので、保護者の同意は一切必要ありません。フリマアプリやネットショッピングを利用するために電子決済手段が欲しい場合、保護者の同意が必要なカードを持つ事に反対された場合や、面倒に感じる場合にプリペイドカードは大きな味方になってくれます。

利用用途から見るプリペイドカードの選び方

ゲームへの課金など、電子決済で支払う金額がはっきりしている場合、コンビニに行けばその場ですぐに手に入る使い切りタイプのプリペイドカードがお勧めです。
一方、Amazonなででの買い物の場合、使い切りタイプでは端数が出たり、販売されているカードではほんの少し金額が足りなかったりし、使い勝手が悪い場合があります。そんな時はチャージ方式のプリペイドカードを持つ方が良いでしょう。
高校生になれば、行動範囲の拡大と共に入ってくる情報も増えてくるので、ネットショッピングやフリマアプリなどを利用し自分の趣味に合うものを購入する機会も多くなります。そうなると、スピーディーに支払いができる電子決済の手段が欲しくなるはずです。高校生の電子決済にはいくつかの手段がありますが、プリペイドカードの一番の魅力は保護者の同意なしに自分一人で決済を完結することが出来るところです。